ボランティアの種類

教育者に必須のボランティア活動

教育者に必須なボランティア経験

教育者になる上で、是非とも積んでおきたいのが社会貢献活動です。社会貢献活動をすれば、教育のイロハが学べます。また若い頃の苦労は買ってでもしろ、という言葉がある通り、若い時代に厳しい経験を積んでおけば、それは後々、大きな財産となります。特に大学時代まで、挫折を知らなかった優秀な人ほど、むしろ積極的に苦労を体験した方が良いでしょう。ボランティアは随時、色々な場所で募集されています。ネットからボランティアに応募する事も出来ます。また最近では残念ですが日本各地で災害が多発しており、その支援にボランティアで参加してみるのもオススメです。

ボランティアにもいろいろある

ボランティアというと福祉施設で車いすを押したり、食事介助を手伝ったりするものや、被災地の片づけといったイメージが強いかもしれません。実際はさまざまなものがあります。例えば、地域に住んでいる外国人に日本語を教えるといったものや小学校などの教育現場で親が外国籍のため日本の教育についていけない子供のフォローをする、被災地で勉強が遅れている児童に対して勉強を見るといったものもあります。ボランティア活動はやりたい、でも直接人と接するのは苦手という人にもできる切手収集やアルミ缶のプルタブ収集の活動もあります。自分にあった無理なくできることで誰かの役に立ちたいものです。

↑PAGE TOP